2019.06.01 monsta x ワルツbangkok公演(inサンダードーム)に0泊3日でいってきたよレポート

こんばんみ〜〜

もうすぐ梅雨突入するね。昨日今季初めて部屋に蚊が入ってきました
今年も夏が長そうだ

 

さて、今回は人生で2度目、そして相当ぶりのタイ・バンコクへライブを見にまたまた弾丸ツアーしてきましたので今回もドタバタ遠征記を書いていこうかと思い、パソコンに向かってみました。

もう私が言えるのは私の失敗を鼻で笑って踏み台にしてくれということだけだ…

 

一応お伝えしておきますが、私の基本的なスペックとしては英語も韓国語もほぼ喋れず読めず聞けず、いったことのある海外コンは香港台湾ソウルのモネクのみ。持っているものといえばなんとかなるという強い気持ちと携帯電話だけということ踏まえてお読みくださいませ

それと無論ボッチです


今回は0泊3日ということで、別にチケッティングとしてないしただ行っただけなので、ま〜大したこと書いてないですが(いつも)何かの参考になれば。

 

まず日程。

毎度のごとく仕事の都合により金月があまり休めないためなるべく職場への迷惑を最小限に抑えるフライトに。(まあ毎度鬼スケになるわけだが、それでも突然バンコク行きますだの日本は全ステしますだの言い始めても、ハイ。だけで許してもらえるのでそれは神。今まではどうしても日程的にもっと厳しかったので〜〜〜)(誰に言ってんの〜〜〜〜〜)(ブログあるある〜〜〜〜)

 

飛行機編

行きは金曜成田発ドンムアン行き エアアジアXJ607便 20:40~01:20着

帰りは日曜ドンムアン発成田行き スクートXW102便 02:20~10:25着

で行って帰ってきました。

なんかインターネットではもっと行きも遅い便があったんだけれど、私が手配しようとした頃にはもう何もなかったのよね〜。なので、1日の便の中で一番遅い便にすることに。

行きはしゃ〜ないとして帰りはなんかもうちょっと夕方くらいに成田に着く飛行機ないの?!と思ったんですが、確かエアーが馬鹿高かったのでやめました。

でもね…1日もほぼいないし、宿泊費無駄かもなと思っても、深夜に着くのなら空港内のホテルで(別に市内でもいいけど。タク代安いし)一泊取っておくべき。一息つける時間がないとどうしても最後まで体力が持たなかったな〜〜〜と、別に金曜に事前に寝ておけるわけでない社会人は思いました。

眠すぎて帰り、搭乗口の前の椅子でぼーっとしてたんだけど、いつの間にか1時間ぐらい爆睡しててなんなら周囲の人たちみんな搭乗済みな時にスタッフに起こされましたので…耳栓も何もしてなかったのに、本当自分の危機管理能力死んでるか????財布も携帯もパスポートもなくなってなくて良かったです

 

ちなみにエアーを取る時に毎度お世話になってるのはskyscannerです。

skyscannerの一目瞭然で雑費まで含めた金額がわかるところや時間変更したことによっていくら金額が変わるのかがわかりやすいのがとてもすこ。

 

エアアジア初めて乗ったんですけど、ウェブチェックインしてったけどそもそもカウンターがスッカスカであまりしていった意味がありませんでした。
なんなら普通にカウンターでチェックインしてもらった。そしてカウンターのお姉さんが「何泊されます?」って聞くから、泊まらないです〜って答えたら素で「ハ??」って言われて寒天のようにプルンプルンなハートが傷つきました。(寒天)

(そして席が三列のドセンだったのでまじでつらみざわだった)

帰りのスクートは周囲に人がいなさすぎでまじで快適だった!!ので往復スクートだったらまたタイに行こうと思える気がします。

 

サンダードーム編

f:id:giid:20190604213032j:plain

チケットは面倒だったので、適当に代行で取りました。

1週間切ってもチケット届かんくて焦ったけれど、fedex一瞬でタイからチケット送ってきた。fedexしゅごい

んで、またも開演ギリギリで滑り込んだのでタイでのスタンディングの待ち方はわかりませんでした!

だって30分で着くはずのタクシーが1時間40分かかっても着かなかったから‼︎‼︎‼︎

ふぁーーーー!!渋滞大国Thailandまじ!!!

地図上ではずっと近いのにいつまでたってもつくことのない会場辛すぎた

どうやらサンダードーム近隣でフードフェスティバルがあったらしく、開演15分前にして着かないことに焦って、タクシーを降りて流しのバイタク捕まえて会場まで連れてってもらいました。

ちなみにタクシーに初めに乗ったのは(一応)最寄りのモッチート駅で行われてるウィークエンドマーケット周辺のあたりから。

場所によりけりですけど、バイタクめっちゃ乗りやすいし結構お勧めかもしれません。

遅れられない時には是非

 

ちなみにサンダードーム、最寄り(モッチート)駅が車で30分という全く最寄ってない強気な会場なんですけど、行き方はタクシーかバイクタクシー、シャトルバスの3択です。

シャトルバスはあまりよく調べてないので知りませんが、タイはタク代めっちゃ安いのでそっちのほうが楽な気がします。モッチート付近から1時間40分以上乗ってても200バーツ(600円くらい)だったので

帰りはタクシー予約しとこうかと思ったんですが、いかんせん終わりの時間が読めなかったので出たとこ勝負しました。(正しかった。バンコクコンは3時間で終わったので、ソウルコンの時と下手すりゃ1時間近く終了時間に差があった)(そういえばmissyouとナノッテ、スポライ削られてたね!スポライ楽しいのに残念だ)(タイではポグもロデオもおかわりなかったけどこれからどうだろう〜〜)

いかんせん車以外の交通手段がないので、とにかく終演後はタクシーが捕まらないんですが、流しのタクシーはぼられるので配車アプリで手配するのが吉。多少時間がかかったとしても安心です。一番安いタクシーはなかなか配車できなかったんですが、ランクを上げたら割合すぐつかまりました。値段は150バーツ(450円)上がったくらいでした。

 

配車アプリは「Grab」がお勧め。

シンガポールに拠点を置く配車アプリ会社なんですが、タイでもタクシーの登録台数が多いのでとても気軽に使えます。何がいいって、目的地を先に指定してからタクシーを呼ぶので最初に金額が数字として明確に分かるのでぼったくられることがない。
タクシーの運転手は顔つきで登録されていて、乗った人の評価がつけられるので雑な扱いをされることが少ないです。(なくないのかもしれないけれど私はなかった)

ここでバイクタクシーも、時間指定してタクシーを呼ぶこともできます。

マレーシアでも使えるアプリなので、クアラルンプールに行く人も使えるかも。

ちなみにクレジットカード登録をすると、お金をその場で出すこと一切なく、降りる時もただ降りればいいだけなのでメッッッチャ楽でした。
(ただクレジット登録は日本からではできないので、現地空港についたら早めに登録してしまうことお勧めします。)

一応登録方法など参考にしたサイトを載せておきます。

Grabの使い方やクレジットカード登録方法!タクシー配車から決済までアプリひとつでできるよ

 

そういえば入場時に水のペットボトル没収されたんだけど、中で売ってるわけでもなく、コンサート中水配るわけではないの本当ただのイジメだからやめて

あと会場でトニモリ売ってたのわろた

どうやらグッズも販売してた…?っぽい…?

f:id:giid:20190604224116j:plain

席はA1A2以降の後ろの席はスタンディングと段差が結構ついて組まれていたので後ろでも見やすかったのかも。

f:id:giid:20190604222919j:plain

 

今回の見所はなんといってもドラムソロのジュホンちゃんでした。
ワカンダ人形買ってしまいそうです

 

 

さて、では私が2時に空港を出てから一体何をしていたのかをたらたら書いていこうと思います。

タイ!5年ほど前に1週間ほど旅行に来ましたが、海外旅行の経験が今以上にもちろんなかったので正直トゥクトゥクでぼられた記憶しかないんですが、今回はそれなりに楽しかった!〜〜〜〜〜

2時にイミグレが終了して空港内をうろうろ。大して日中行きたいところがあるわけでも、計画を立てているわけでもないので、タイに着いてから空港で携帯充電しつつ朝ごはんをどこで食べようか探しました。そしたらお勧めされたのが、ルンピニ公園内のフードコート。

ルンピニ公園の屋台でローカル朝ごはん! | TRIPPING!

こんなに所狭しと屋台群がある場所は見つけられかったなと今書きながら思い出しました。でもフードコートと称される場所があってそこではいろんなご飯が食べられるんですけどどれも安くて美味くてめっちゃよかった〜〜〜

 

ドンムアンからは朝暇だったので鈍行で1時間かけて都心まで向かいました。4時半なのに人ぎっしりだった。でも20バーツとかで乗れた〜

ドンムアン空港、電車の表示がめっちゃくちゃわかりにくくてすごい迷子になった記憶です

絶対判りづらい!ドンムアン空港から鉄道ドンムアン駅の行き方【街画コム】

あと、タイにはあまりコインロッカーという文化が馴染みがないようで、そのかわりドンムアン空港には24時間荷物預かり所が安く利用できて、私も飛行機内できていた荷物やらなんやらを全て鞄に詰めて必要最小限で日中うろついておりました。

ドンムアン空港の24時間荷物預かりサービスを利用してみた【街画コム】

 

あとは土曜日だったのでモッチート駅でやってるウィークエンドマーケットに行ったり(ウィークエンドマーケット、めっちゃ楽しいよ。物買わなくてもウロウロしてるの楽しいよ)、その近くの蝶と昆虫の博物館に行ったり(無料で入れるよ。でもあまり何もないに等しいよ。ほぼただの散歩だよ。公園にはリスもいるよ)、公園でトカゲを眺めたり(割合でかいトカゲだよ。ていうか公園も馬鹿みたいに広いよ)、2時間2千円でマッサージしてもらったり(さいこうなおばちゃんだったよ)してきました。(書くのが疲れた)

 

タイめっちゃ楽しかったですけど、できれば3、4時間までのフライトが望ましいね…と思った今回でした。

帰ってきて16時間寝たし二日経った今日もまだ眠いよ!!!!!

クアラルンプールいきて〜〜〜〜〜

おやすみなさい

2019/04/13.14 monstx ワールドツアーseoul公演(in オリンピック公園SKハンドボール競技場)いってきたよレポート

こんばんみ〜。

先日monstaxのワルツseoul公演に行ってきました。

f:id:giid:20190417230646j:image

 

今回も大概!!!たのしかったです!!!ぐらいの記憶しかぶっ飛んでいてあまりないんですが、今回もなかなかにドタバタだったので、ぜひとも私の失敗を踏まえてみなさんにはハラハラせずコンサートを楽しんでもらいたいと思い、前回のソウルコンより新たに新発見があったので一応行き方やお金やドタバタを記録しておきます。みんなでシェアハピ

 

メントやら感想やらはググってくれ。

 

基本的な私のスペックとして、読み書きも聞くも喋るもほぼほぼ皆無でわからないKポオタ&海外コンはモネクしか行ったことがないということご了承くださいませ

 

(ちなみに前回のソウルコンの時はこんなドタバタでした)

2018/8/25.26 オリンピック公園SKハンドボール競技場にてmonsta xソウルコンに滑り込んで入ってきたよレポート - アイドルと日記

 

さて、今回は日程が4月13・14日(土日)で行なわれました。4月入って2週目の土日とかいけない日本べべは多かったんじゃないでしょうか

私ももれなく金曜に前乗りができなかったので土曜に行って月曜の午前中に帰ってくるというハードスケジュール

(友人に聞いたらピーチの深夜便を使って、1時頃に成田を出て3時頃仁川につき、空港内にあるチムチルバンで休憩を取るのが良いよとお薦めされたんだけど、土曜の日を跨いだ頃には便が出てないんだよね〜。金曜日までなの。次はどうやっていこうか思案中です)(アンコンがないなんて認めないので、9月の3週目あたりに来るだろうという予想を立てて生きています)

とりあえず順を追って。

 

・チケット編

前回、頑張れば自分でチケットが取れるかもしれないということを知ったので今回は自力で安く行こうと目論んでいました。(今まではツイッターで譲りを見つけるor代行)そのためモンべべ4期に加入し、モンベベ先行に望んだんですがそもそも家のwifiがクソもクソすぎて惨敗もいいところ。

で1週間ほどキャンセル待ちもしたんですが、うまく手に入れられなかったので悩んだ末代行を使うことに。

ですが、チケットを手配し終わった10分後(盛ってない)に以前取引した人から「定価で一枚譲れそう」とのDMを頂いたため土曜のチケットは2枚所持してる状態になってしまいました。

なのでとりあえず自分のチケットはフォロワーさんに譲り、自分は譲ってもらうことになったため、チケット自体は当日会場で受け渡しをすることに。

(どうでもいいけど、wifiを近日変えるので今より通信速度4倍早くなるらしいのでアンコンは自力でワンチャンいけるかもしれないという強い心)

(そもそもglobalは販売席数自体が国内売りよか少ないから、手に入れられなかったら本国で譲り出してる人を探す方がいいのかも)

ちなみにソウルコン一週間前に機材解放席の販売がありました。(三日ほど前に販売の告知あり)(前々回は告知なしで平日8時に販売になったらしい)

 

・飛行機編

今回は金曜の深夜に着く便も仕事の関係で乗れず、終電で空港に行き早朝便に乗る体力もなかったので昼前に着く飛行機で行くことに。

イースター航空ZE606便 10:20~12:35着の便です。

でもこれがそもそもミスでした。いまからいうことが一番大事なんですけど、(そもそもいつもコンサート滑り込んでたから知らなかったんだけど)

ソウルコンのスタンディング、整列も入場も結構早い

6時開演だからと余裕ぶっこいてた私は完全にアホでした。今すぐエアー手配してる自分の頬をビンタしに行きたい

今回の6時開演の場合、スタンディングの整列開始は4時。入場開始は4時半です。

二日目、5時開演の場合は3時に整列、3時半に入場となります

 

仁川国際空港からオリンピック公園までは電車で最短1時間46分かかります。

 

12時半について空港内からスムーズに出れたとしてそもそも着くのが3時。チケットの受け渡しがある身としてはすでにギリギリ。ですが、まあなんとかなる時間だったでしょう

ここで不幸が襲いました。

飛行機、なんか知らんが1時間遅れる

なんか知らんけど(聞いてなかったから)着陸できなかったらしく1時間雲の上でお預けをくらいました。

(窓際に座っていた私。飛行時間を1時間半越した時点で尿意を催してたが、まああとちょっとだからと我慢していたら待てど暮らせど機体降下せん。あと一歩で膀胱炎になるところだった)(どうでもいい)

 

さて、3時にギリギリ着く予定だったのが4時ぴったりになってしまい、お顔が真っ青に。

因みに整列時間を知ったのは仁川についてからだったので焦りすぎて何人にも同じことを聞きまくるという

とりあえず4時には絶対つけるように空港をダッシュ

 

そのおかげで(乗り換えでトラブルありつつ)4時1分には無事駅に着くことができました

※今回は電車は孔徳乗り換えではなく、麻谷乗り換えで行きました。麻谷はKTXと9号線しか走ってないので迷う心配ゼロ。

 

ほんと駅からホール外周走ると意外と遠いんだよね…

キャリー持ったまま走り回った挙句、チケットの受け渡しが終わったのが4時26分とかのことで。

そこから心優しいフォロワーさんが買っておいてくれたニューモンドゥンイの箱を必死にキャリーに詰め、クロークに預けに行ってまた戻ってチケットをスタンディング用に引き換えてもらいなんとかかんとか入場するというバタバタ具合

 

やっぱり当日行くなら10時ぐらいには着いていたい。二度あることは三度ある。ソウルに来るたびに走り回ることになるのはなぜ(己の不注意と運のなさ)

 

毎度変わりますが今回の会場地図を参考までに載せておきます

2ー5ゲートがクロークね。

初日は出るときにクロークで並びたくなくてエンドロール流れる直前に出たのでスムーズに取り出せたんだけど、2日目エンドロール見てから出たら結構な量の人がクロークに並んでたよ

 

二日目ともC区域だったんだけど、二日目2−4からの入場になってたの謎

f:id:giid:20190417221845j:plain

地図

f:id:giid:20190417221045j:plain

 

・スタンディングの様子の話

2日間ともC区域にいたんだけど、今回も今回とてステージが割と高いのでとても見やすく見ることができました。

でもやっぱりなるべく前に行こうとするとなかなか身動きが取れず、個人的にモネクは自由に踊りながら見たいので最初は前の方で見てたんですが途中から後ろに下がって見てました。後ろに下がった方が全体図が良く見えるという皮肉

センステ付近はやはり人の集まりがすごくて後ろの方まで人が結構いた記憶です

奥になればなるほど人が減る。けど箱が小さいので全然肉眼で見えます

f:id:giid:20190417222207j:plain

f:id:giid:20190417223006j:plain

 

 

ちなみに今回のソウルコン、初日が3時間半、二日目が4時間ございました。

後半夏フェスの勢いで踊り狂うターンが永遠とやってくるので、水分がないと目薬すら飲みたいと思うほど水分不足に苦しむのでお気をつけて。ということだけ言っておきます

あとVCR中見ててめちゃめちゃお腹減るところがあるので、軽く何か胃に入れていった方が絶対良い。チョコレート持ってって。チョコレート。

(2日目は昼にユッケしこたま食べてお腹がいっぱいすぎてヘトヘトになりながら会場行ったんですけど、終わったら普通にお腹めちゃめちゃ空いてたのでまあそういうこと)(まあそういうこと)

 

そんなこんなで公演時間が長かったので、またもチェックイン受付終了ギリギリにホテルに駆け込んだらまさかの系列店の別の場所にあるホテルを予約していたというとんでもミスをかましていて梨大から明洞まで移動するという、最後までトラブルつづきの1日でしたがひじょーーーーにたのしかったですモネク2019ワルツ!!!

ホテル帰ってからすぐ出てフォロワーと4時まで飲むという楽しいことしました最高

みんな体力用意して行こうね、もねくのコンサート!!!!!

 

ちなみにニューモンドゥンイ、パワーバンクつけたらマジで重くて、帰宅後妹に持たせたら「?ダンベル?」と言われましたが、これを振り回して目指せウォンホせよというお達し?

ふくらはぎの疲れが未だ取れない水曜日です。

f:id:giid:20190417221042j:plain



はやくツアー後期が発表にならないかなと心待ちしてますが、それより前にペンコンだね。

 

あといくつ寝ると横浜だ〜〜〜!

おやすみなさい

 

2018/8/25.26 オリンピック公園SKハンドボール競技場にてmonsta xソウルコンに滑り込んで入ってきたよレポート

こんばんわ〜ん

先日monsta xのワールドツアー、アンコールコンサートに行ってきました。

今回は感想ではなくギリギリのスケジュールで土日2日間行ってきたので、3時に仁川空港についで行われる6時開演のコンサートに行って月曜の7時の飛行機にのって9時半に成田に帰ってくるまでの電車の時刻やらお金やらの記録を書こうと思うよ!


追記

また2019ワルツ行ってきたので、リンクしときます。何かの助けになればこれ幸い〜

http://giid922.hatenadiary.jp/entry/2019/04/17/2019/04/13.14_monstx_%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BCseoul%E5%85%AC%E6%BC%94%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%82%88%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88



弾丸すぎてまじで疲れて、月曜そのまま仕事に行きましたが火曜の本日全く起きられず仕事をサボっている今なのであまり参考にはしないでほしい

また、何年たっても一ミリも韓国語ができなく、3度ほどしかソウルにも行ったことのないドタバタ一人遠征なことを前提に読んでね

そもそも仕事柄的に連休が二日しか休みを取ることができず、仕事が終わるのが日がまたぐ頃なので前日の8時とか9時に出発する便も3時とかに出るやつにも間に合わないのでこういうスケジュールになってしまった〜〜〜。時間のゆとりって大事

 


長いのでスタンディングの中の様子だけ知りたい人は飛ばしていただいて…

 

ではいざゆかん

<空港からオリンピック公園駅に着くまで>

今回乗った飛行機はLCCティーウェイ航空TW202便

土曜の12:00に成田を出て14:40つく便です。もう少し早い便を取ろうと思ったんですが、取るのが遅かったからもうティーウェイしか残っていなく泣いた

仁川から会場までは大体2時間くらいかかります。

リムジンバスやタクシーという手もあるけれど、土曜の午後は渋滞がすごいし、いかんせん時間が読めないため何が何でもつくためには電車で行くことに。

定刻通り飛行機がついてトイレに行って早歩きで入国審査場に行ったら土曜の午後にもかかわらず人の波の先に行けて10分ほどで通ることができ、また早歩きで空港鉄道A'REXに。(多分ここでタラタラしてたら通るまでにめちゃくちゃ時間がかかってしまうなんてこともあるかもしれない)

受け取る時間が惜しいので預け荷物なしです

行き方としては仁川国際空港駅→孔徳駅(乗り換え)→オリンピック公園駅で行った。

乗り換えが多いと不慣れだと乗り換え自体に手間取ることもあるので。(普通に検索してもこれが一番オススメされた)(時刻表調べてったのと駅を取り替え案内的なアプリでちょこちょこ確認したりした。)

 

韓国版suicaのT−moneyカードにチャージして買って中に。

(ちなみにお金は前渡韓時のあまりが6千円分くらいあったので換金は後回し。片道は5250ウォンだったので手持ちがゼロな人は先に3千円くらい日本で換金しておいたらいいかも)

乗り場は一つしかなく、快速と各駅があるが、快速に乗ってしまったらソウル駅まで直通なのでそれには乗らないように気をつける。00分20分40分に出ている電車は直通

どうやら2018年5月に時刻表が変わったようで、乗り場に着いたら電車が来ていたけれど(15:06のやつ)乗ろうと思っていた電車と違うのでパニクって乗らなかったけれど乗ってオッケーだった模様。

http://event.arex.or.kr/station/list.do

上記はA'REXの変更後時刻表です(見やすい)

なのでとりあえず次の電車(15:17)に乗り、乗り換えしやすいように電車の最後尾に。

16:21に孔徳(공덕:コンドク)に着き、地下鉄5番線のラインカラー紫と5の文字を頼りに乗り場に。

普通に歩いたら16:25の馬川(마천:マチョン)行(確か階段を降りて右手側に電車が来た気がする)に乗れた。5号線は馬川行きと上一洞行きがあり、馬川行きに乗らないと江東(강동:カンドン)で道別れしてしまうので要注意。(間違えて乗ったら江東で降りたら馬川行きに乗れる)

ということで17:06には無事駅に着きました〜拍手

 

<時刻表>

孔徳15:37発-オリンピック公園16:18着
孔徳15:49発-オリンピック公園16:30着
孔徳16:01発-オリンピック公園16:42着
孔徳16:13発-オリンピック公園16:54着
孔徳16:25発-オリンピック公園17:06着
孔徳16:37発-オリンピック公園17:18着
孔徳16:49発-オリンピック公園17:30着
孔徳17:01発-オリンピック公園17:42着
孔徳17:13発-オリンピック公園17:54着

 

<スタンディング編>

f:id:giid:20180828234135j:plain

オリンピック公園駅から3番出口に出ればすぐオリンピック公園があり、ハンドボール競技場は5分ほど歩くと見えてきて、今回はスタンディングだったので受付を探す。

ソウルコンではスタンディングはそのまま入り口ではなく、受付に寄る必要があり、そこで手首に腕輪をつけてもらいそのまま入り口へ。(この腕輪全然外れなくて外すときちょっと面倒だった)

f:id:giid:20180828195849j:plain荷物は駅にコインロッカーもあるが大体埋まってるので、基本は会場に荷物を預けられるクロークが用意されていて大体2000ウォン前後で利用できるらしい。荷物は取り出すのに混むので少し時間はかかる

開場は5時からされていて、どこでスタンディングの受付ができるのかわからずさまよって手続きができたのが30分過ぎだったので、クロークの場所を探すのが面倒で今回は預けず。(柵付近にずっと立ってたので荷物を柵のところに置いて見てた)

 

今回の会場のSKハンドボール競技場はキャパ5000人ほどの、さほど大きくはない会場。(前回の奨忠体育館は4500人ほどのキャパなのでちょっと大きくなったところでアンコンできたモネクちゃんすごい。えらい)

座席は以下の画像でみてください。私は初日はB、二日目はCのスタンディングで入ったよ〜

f:id:giid:20180828233330j:plain

開場から30分以上も経っているのでもちろん入場列もなく、入っていったら中の様子はこんな感じ(これでスタンディングの仕切りの一番後ろ。外枠の柵のところ)

確かに前の方は詰まっているけど、後ろには全然余裕があり、かつステージが大体女の子の身長くらいには高かったので何も問題なく見えたよ

(非常にわかりにくいですけど画面の真ん中あたりがメインステージ、右側がサイドステージ、左側に花道が通ってます)(写真はBブロック)

f:id:giid:20180828195857j:plain

翌日もスタンディング(Cブロック)でしたが、番号は600番くらいで全然番号が遅いから列に並ぶのも面倒で前日同様に30分前くらいに行ったけど、人はいるけど隙間があったので少し入っていくとなんだかんだ前に行けて最終的に3列目とかでみれました。

チケットはありがたいことにスタンディングだったら定価や代行よりも全然安く譲ってくれる人がいたので本当にありがたかった…

今回の学びはチケットの番号を選ばなければ意外と安く手に入るし、選ばなくても結構見れるしあんまり頑張らなくても前に行けるということ。多分人気の度合いによって違うんだろうけど、日本みたいにぎゅうぎゅうにキャパオーバーまで人を入れることってあんまりないのかも…?(状況・会場によって変わるだろうし知らんけど)

あとはスタンディングだと柵の外のあちこちに水が用意してあり、手を伸ばして求めるとスタッフが水をくれるという発見。ヤバそうなところにはスタッフが配ってたりしてました。(もちろんお金は取られないよ!周りの人とかと回し飲みしたりしてた。)

ブロックCはさすがに前にしか見るものがないから当たり前に全員前を向いてしまうので見づらかったな。でもセンステのど真ん中はやっぱり人の層が厚いけど少し左右にずれるとやっぱり人が少なくなるのでみやすくなるよ。スタンディングは良くも悪くも人が移動するので、センステに人が来たときにはみなずれていくから、一番最初見づらくてもうまいことずれれば良い位置をキープできるかもしれない。

ちなみに私は161センチあるので、厚みのある靴を履けば割とみやすくなるけど、やっぱりもうちょっと小さいと前方の列でも人の壁でどうしても見えないというケースはよく聞くのでそうするとやっぱり座席の方が絶対に見れるという確証があるから良いよね

 

スタンディングで揉みくちゃになる人もいるんだろうけど、それは場所を選んで〜!っていう感じでした。後ろはマジでスペースに余裕がある。

 

にしてもオリンピック公園まじで遠いな…みんな時間には余裕持って楽しんでください

モネク、嬉しいことに公演時間長すぎて(1日目3時間半、二日目3時間15分)体力は結構瀕死になったよ…おかげで二日目は日中ほぼ動けませんでした。

 

あと一個大事なことは、空港から公演直接行くときはホステルの場合チェックインができるだけ遅くまでできるところで宿泊場所を決めるべき。(当たり前だけど)

ソウルの中心街からオリンピック公演までは大体30〜40分かかるので、会場出てなんだかんだしてたらあっちゅ〜まに11時前だったよ…私は11時までにチェックインすればオッケーなところにしました。

 

そんなこんなで、帰りも7時に仁川を出る早朝便で帰ってこようと思ったんだけど、ソウル駅から4時30分に出てるはずのバスが来なく(そもそも3時20分のバスに乗ろうとしたけど寝坊した)時間が迫りすぎてバス停の隣にいた女の子つかまえて空港までタクシー相乗りしてもらって(バンタン帰りのアーミーさんでめちゃくちゃ良い人だった。)(運転手のおじいちゃん、韓国のタクシーにあるまじき法定速度の超安全運転で走ってたし途中うたた寝運転してたりしてとてもハラハラしたりもしたけど)なんとかチェックイン終了の15分前に空港に滑り込みをキメたりなどいろいろどたばたしたけどアンコン行って良かっっっっっった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!

これがどのくらい人の目に触れるかわからんけど、コンサートって最高なので時間がギリギリでしか行くことができない人たちの手助けができてたらいいな〜〜〜〜(もちろん時刻表変わることってたまにあるから、時間ギリギリな人はまじで時刻表まで調べてね!思ってたのと違うと結構慌てます)

みんなコンサート行こうな!!!!!!!

二世でした。

f:id:giid:20180828234108j:plain

アバクロの匂いの男の子

アバクロの香水を買った。

調べたらアバクロは公式店舗が銀座と福岡にしかなく、百貨店やらいろいろなところにはおろしていないからどうやら入手しにくいブランドらしい

 

名前しか聞いたことがなかった、どんなブランドのイメージかすらあやふやで縁がなかったのに、香水を買ったのだ。

 

あの子が使っている香水だから、という理由で。

 

買う気なんてなかった、なんて嘘だ。韓国から帰ったその足で、都内で一番香水の種類があるという伊勢丹新宿まで行ってあの子はどれだその子はこれだなんて話をしてひとしきり盛り上がった後、そういえば君の好きな子の香水は?と聞かれた時ぐるりと見渡しても目的のそれが見当たらなくて、店員さんに聞いてもないというから調べてみたら銀座の店舗に行かないと匂いを嗅げないとわかったその時即座に「いやいかないよ、アバクロなんて」って笑いながら友達からの目線を否定したのに

 

次の日の仕事の休憩中にはもう行ってた。なんならアバクロに行くためだけにすこしお化粧を直したりとかした。いつも雑な服装で仕事に行くのに下ろしたての洋服まで着て。

あの子の使っている香水を買うということにどれだけ緊張したのかわからなかった。

店内はすべて真っ黒でギラギラしていて壁紙には筋肉が隆々とした逆三角形の男の絵ばかり描かれていて、つくづく自分の好みでないなとそう思ったのに

 

あの子の使っている香水は匂いが少しキツくて封をされた箱の外からでも少し匂いが漏れ出ていて、家に帰るまでは封は絶対に開けないけれどでも何度か箱に鼻を近づけて嗅いだのだ

あの子を取り巻く匂いなのかと、そしてこれが少し体温のたかそうな皮膚についたらどんな香りに変化するのかなあと漠然と考えながら。

 

 

初めて渡韓して、初めて彼のホームな場所で動くあの子をみて、この感情は恋だと思った。

ガチ恋、だなんて自分のことを嘲笑している余裕がないくらいの恋

ただただひたすらにすれ違う一方的な恋

アイドルでないあの子に触れたいと思うのに、それが実現することは10,000%不可能でそれが叶うことができるのは私の脳みその中だけで。

 

どうしようもなくて、こんなことははじめてだから気持ちのぶつけ方も処理の仕方もわからなくて友達に泣きついたら「恋ってふつう、相手が現実にいないとできないよ。だってアイドルは画面の中にしかいないし体温を感じることができないならある種ロボットと一緒だよ。今の君の状況はすさまじい」って言われたんだけど、でも私の中ではすさまじくあの子の存在がリアルなんだよ

手を伸ばせば触れそうな体温を感じるのに、家のドアを開けたら帰りを待っていてくれる姿が安易に想像できるのに、ラインの送受信歴には君が一番上に表示されているはずなのに、いない

 

痛々しいのはわかっているし、救いがなくて、やっぱりアイドルであるあの子が好きで、それでも好きで、近くに行きたくて。

 

案外早く冷めるかもしれない。だって生身じゃないから。

案外長く想い続けるかもしれない。だって姿を常に確認できるから。

 

あの子のホームでみた、必死になって双眼鏡で追いかけた姿を誰かにみんなに話したい。聴いてほしい。この恋のヤバさを声を大にして叫びたい。いや、独り占めにしておきたい。わたしの中のあの子を誰にも分け与えたくない。わかって欲しくなんかない。共感なんてしないでいて。この気持ちは紛れもなく私だけのもので、私だけが持つ、私だけの宝物だから

 

伊勢丹に行った時に買ったJO MALONEの香水は、あの子にだけ良い香りだねって言ってほしいからきっとこの先当分ほとんどお蔵入りなんだろうなあ

あの子に触れて欲しくて買った香水を、他の男の子に先に触れられるなんてそんなのかけらとも許してあげられないから

私の中のあの子がそんなことを許しはしないから

 

 

この恋の記録を。後で笑えるように。

15/01/25 ~B1A4のサイン会に行ってきた山も谷もオチもなければまとまりもない感想文~

前見た天気予報では曇りだったのに昨日はとても晴天だった。日差しも気温も暖かくまだ1月下旬だというのにまるで春が来たかと思うような暖かさで一日が終えることができ、おかげで海沿いだったというのに寒いとはかけらも思わず長時間外に居てもあまり苦痛に思わなかった。びっぽこちゃんが春を連れてきたのである

昨日は人生三回目となる接触イベント、B1A4のサイン会兼ハイタッチをしに豊洲に行ってきた。豊洲PITはつい1か月前にがっセのイブコンでお世話になったけれども、ちゃんと外に細々とした列を作れるような柵が準備されてるしスタッフはたくさんいるし少し入場や開始時間に遅れが出たら即時に理由とその旨が伝えられていて、運営の出来の違いを体感してなんとなく切なかった。ポニキャもバナジャも超偉い

今回のサイン会は1月21日に出た「Amazon.co.jp: B1A4 : 白いキセキ (通常盤) - 音楽」の発売記念イベントで、CDを買ったらメンバー別サイン会参加・全員ハイタッチ会参加・プレゼント応募券のいずれかが入っていて大阪東京2日間合わせて「個別サイン会」9,000名、「ハイタッチ会」6,000名のトータル15,000名のご招待だったのだがこれが想像以上に狭き門だった。

わたしはタワレコでCDのA版B版通常盤の3枚を買っては開けて買っては開けてをして計12枚でハイタッチ券1枚、ゴンチャンのサイン券1枚という勝率でまあまあ良かったが、友人は9枚買って何も入っていなくて最終的にはヤフオクおばさんでチケットを用意していた。シビアな話だ…。余談だけれど、ジニョンさんのサイン券はヤフオクで平均3万前後で取引されていて若干引いた

さて、そんないらない話は置いておいて本題である

びっぽこちゃんは推しの中で一番会いたいアイドルで、普段からいつでもどこでも真摯に素直に伝えている彼らのBANAへの愛を私も間近で見てみたいと常々思っていたわけだが、こうさ…目の前にいても何も言えることがなくてこまってしまったよね…

もう2回も接触イベントに行ったことがあるというのに、ネームプレートは作らんわ、話すことは考えて込んわ、慌てて考えた言葉も目の前に行ったら真っ白になるわ…いやはや自分のダメさに落ち込んでいたら周囲から「だれだれがこうしてくれた」「なになにがこう言ってた」という会話が聞こえ、更に落ち込み具合に拍車がかかるというアホさ加減

BANAのみなさんはなにかしらのアクションを引き出す為に一生懸命いろいろ考えて実行に移しているんだから、そりゃ手放しで「なんかして!なんかいって!」と求めるのは余りにも図々しい話だなあとやっと学習した。

サイン会のちゃんしくは思っていたよりも大きくてお肌がツルンツルンで目がキラキラして宇宙みたいに輝いていて恐ろしくお顔が整っていたということで、何も言えないわたしに「こんにちわ!名前なんて言うんですか~?」「お~!くるみ!(本名)くるみ、マタ会いましょ~」と最後左手を差し出しハイタッチまでしてくれて、向こうからのアクションがとても適切に多くて完璧すぎてグウの音も出なかった

ハイタッチはサンドゥル・ちゃんしく・じにょんさん・しぬちゃん・ばろという並び順で、するすると早足で動く列の中名札をしている子達の名前を一人ひとり読んであげるサンドゥルはハツラツとしていて元気で雰囲気がとてもあったかくて、お餅でマシュマロでふわふわでもちもちしてて、想像のまんま何も過不足なく”サンドゥル”だった。ちゃんしくはひとりひとりに目を合わせながら「はーい!はーい」としっかり手を合わせていた。しぬちゃんは疲れているのか目の奥が死んでいて若干うつろだったけども、見た瞬間くまーー!!ってなった。あの人は小奇麗なイケメンな熊だったんだとよくよく思った。ばろすには不思議そうな目で見られた。思ってたよりもきゅるんきゅるんに目がでっかくて、身長も思ってたよりおっきくて可愛かった。

じにょんさんは、もともと自分のバロメーターの中ですっごい高い位置で綺麗な人だなと想像していたけれども実物はそれよか3倍綺麗だった。意味がわからなかった。美しすぎて儚すぎて尊すぎて意味がわからなかったよ。自分のキャパシティなんかはるかに超えて美しかった。顔が本当にちっちゃくて、肌が陶器のようにつるっとしているのに透明感があったしなんか光ってた。じにょんさん、自体発光してた…あんなわけわかんない物体見たのは初めてだったよ…

ボキャ貧過ぎて泣けてくるけども、言えるのはB1A4は鬼スケジュールの中でも関係なく一人ひとりに対してすごく丁寧でBANAへの愛が感じられる対応でただただプロだった。ねぽは本当にBANAのことが大好きだった。ということ

やっぱり意味がわからないグループだなと思った。だって、ファンがアイドルへ送る愛よりアイドルがファンに与える愛の方がおっきいんだもん。ねぽがくれる愛が多すぎてBANAは幸せに押しつぶされて死にそうなぐらいだし、ねぽ自身すらBANAが好きという感情を持て余している節すらある、そんなグループ見たことがないんだもん

つまり、ねぽって怖かったっていう話

まとまりもくそもない(頭抱え)

モーニング娘道重さゆみの卒コン感想

下書きに眠ってたからメモがわりの載せておく。

 

先日、モーニング娘さんの道重さゆみ卒業公演に行ってきた。ビューイングだけど。

娘オタの友人が「さゆの卒コン、ビューイングでいいから行け。絶対いけ。私は会場にいるからビューイングはいけないけど!」っていうので、ビューイングに行ってきた。一人で。

娘は前々から友人が私にちょこちょこ勉強させていたので、 名前と顔とキャラクター、そして道重さんがリーダーになってからの新生モーニング娘。以降のCD程度の予備知識はあり、ビューイングへ向かう電車では※必読※の言葉とともに送られてきた道重さゆみ卒業インタビュー(モーニング娘。'14 道重さゆみ卒業インタビュー│Special│Billboard JAPAN)を読みながら目頭が既に熱くなり涙腺が崩壊する準備はしっかり整っていたのにも関わらず、一人だからまあいっかとタラタラ準備したら家を出るのが割とギリギリになってしまい、かつチケットをコンビニで引き換えておかなければいけなかったのに新宿にファミマなんていくらでもあるとタカをくくって言ったら近くにコンビニなどまるで無く、小雨降る中スマホ片手に必死に走り回り劇場の席に着いた頃にはちょうど公演が始まるというなんとも馬鹿野郎なことをしてしまった。

コートも脱ぎ、水分補給もし、さあ!コンサートだ!とスクリーンを見上げたと同時に、道重さゆみが大きな画面でこちらに微笑んだ。その瞬間に先ほどまでの自分の失態からくる沈んだ気持ちは欠片もいなくなり、頭が真っ白になってただただ泣けた。超号泣。今世紀初めてこんなに泣いたの勢いでずっと泣いた。なんというのか自分でもよくわからなかったが、純粋にアイドルの道重さゆみがアイドルでなくなることが寂しかった。

モーニング娘。のパフォーマンスは本当に素晴らしかった。道重さゆみ含めた10人が繰り広げるパフォーマンスがなんともまあ楽しいこと!彼女たちは本当にたくさんたくさん練習をしたんだろうなあと思った。練習量は確実に本人たちの自信をつけるし、やっぱり努力したことは裏切らないよ。

3時間。娘。って被せすらほっとんどないし、踊りも超ハードだし、なのに3時間歌って踊って泣いて笑って、一回も疲れた顔しんどい顔しなくて本当にすごくてってなんだか小学生みたいな感想しか出てこないけれど、あの日のモーニング娘は今まで見たすべてのパフォの中でダントツで一番のクオリティだと思ったしすべてのドルオタは見なければいけない公演だった

 

道重さゆみの卒業挨拶で、さゆちゃんが

「みんなに出会えてよかったです。さゆみのことを見つけてくれて、出会ってくれてありがとう。モーニング娘。になって、みなさんと出会えたから、道重さゆみが存在する意味があったと思いました。モーニング娘。になるために生まれてきたんだって、生まれてきてよかったなーって思いました。

さゆみのファンの人たちが、ほかの誰でもない……みんなでよかった。変な人たち、サンキュー。」抜粋

【コメント全文】道重さゆみ、「さゆみのファンの人たちが、ほかの誰でもない、みんなでよかった。」 | モーニング娘。'14 | BARKS音楽ニュース

ファンって所詮移り変わるものだし不特定多数だし曖昧だし、やっぱり活動をする上で一番メンバーを支えてきたのはメンバーだろうし、グループ仲がいいのが一番!と思っているけど、それらも全て踏まえたうえでファンに感謝してくれて、ファンが推しに存在意義を与えさせてくれたさゆちゃん本当にすごい

救われる気持ちになりました